成分同じだから効果が変わらない薬

最近、ジェネリックという言葉をよく耳にします。テレビコマーシャルなどでもさかんにジェネリック医薬品を宣伝している光景を目にします。このジェネリック医薬品とはどういったものなのでしょうか。

今回はジェネリック医薬品についてご紹介します。まず、医薬品には先発品があります。先発品とはその医薬品を最初に開発して売り出すものです。つまり、みなさんが飲んでいる医薬品はほとんどこの先発品になります。

そして、一定の期間がたつとその医薬品を他の会社でもつくることができるようになります。最初は先発品をつくっている医薬品企業しか販売することはできないのですが、後発品として世に出すことが可能となるのです。

後発品であれば研究費は先発品ほどかかっていません。つくりかたがわかっているので最初から研究する必要はありませんし、どのような設備をつくれば良いのかも把握されているので設備投資もかかりません。

このように後発品であれば、先発品ほどのコストをかけずにつくることができるのです。

最終的な販売価格も安くすることができます。これがジェネリック医薬品の特徴です。患者としても効果が変わらない薬を先発品よりも安く購入することができるのです。

事業者向けビジネスローン・事業融資・事業資金・資金調達・借入のご相談